マーガリンはプラスチック?バターがおすすめ?トランス脂肪酸の少ないものもあるの?

マーガリンをつけるよりもバターがおすすめ

『マーガリンは体に悪い!? 食べるプラスチックと言われる理由』とは?ということであなたは知っていますでしょうか?

マーガリンほど体に悪いものはない?と言われていることを・・・。

地球上にいにしえから生息するゴキブリでも食べないという・・・。

ちょっと私自身もかなり気になったものなので色々とこれまでに調べてみました。

それ(マーガリン)についてこのページにはまとめています。

マーガリンはプラスチック?体に与える影響とは?

私はパンが大好きで朝食には必ずトーストを食べます。

主人と子供にはご飯を食べてもらいますが、私だけはいつもパン食です。

今まで、トーストには「バター」より安価な「マーガリン」を塗って食べていたのですが、先日主人が会社の健康診断の際に、中性脂肪の数値が少し高く「マーガリンはプラスチックだから食べないように」と先生に注意されたと言うのです。

「マーガリンがプラスチック!?」と心配になり早速調べてみたところ、マーガリンには「トランス脂肪酸」という成分が含まれていて過剰に摂取すると心臓疾患のリスクや生活習慣病になりやすいという事でした。

「トランス脂肪酸」とは、自然界には存在しない成分で、油等の液体を固形にする過程で出来るものです。

プラスチックも合成樹脂で出来ていて自然界には存在しない成分である事から、「マーガリン」は食べるプラスチックだと言われているのです。

バターとマーガリン(成分・カロリー・糖質)の違いetc.

最近はバターの高騰により、家計を預かる主婦としてはバターより安いマーガリンを買いたくなりますが、バターもマーガリンも同じような味なのに値段が違う事から、原料・成分・製造方法が違うという事を知っておかないといけません。

まず、「バター」は主原料が牛乳で、その牛乳から分離したクリームを練って固めて作っています。

それに対し「マーガリン」は、主原料が植物油脂や動物油脂で、乳化剤を用いて液体のものを人工的に固形にして作っています。

この工程の際に体に悪影響とされる「トランス脂肪酸」が生成されます。

自然の成分から作られる「バター」の方が値段は少々高いですが、体の事を考えると「マーガリン」より健康的だと言えます。

最近ではトランス脂肪酸が少ないマーガリンもある

「トランス脂肪酸」は「バター」にも含まれていますが、天然のものなのであまり心配ないとされています。

最近では、健康志向の人向けに「マーガリン」でも「トランス脂肪酸」が少ない商品が販売されるようになりました。

・生協  コーンマーガリン
・創建社 べに花ハイプラスマーガリン
・小岩井 マーガリン(ヘルシータイプ)
・創建社 発酵豆乳入りマーガリン

これらの「マーガリン」は「トランス脂肪酸」含有量が100gあたり0.2g~0.4gと非常に少ない商品なので体に優しい「マーガリン」と言えます。

マーガリンよりもバターがおすすめ(まとめ)

健康診断でひっかかってしまった主人や、時々トーストを食べたがる子供、そして何より私自身の健康の為になるべく「マーガリン」より「バター」を買うようにして、「マーガリン」でも「トランス脂肪酸」の少ない商品を選ぶようにしたいと思います。

「バター」でも基本は過剰摂取しないことが大切なので、家族みんなの健康管理を頑張っていこうと思います。

また最近は生活習慣を見直して睡眠習慣にもこだわっています。

目覚まし時計を音ではなく光に代えて、以前よりも気持ち良く起きれる様になりました。

参考:http://color-the-someday.com/

と睡眠は寝ることばかりに目がいきがちですが目覚めも大切だと考えます。